大根のひとりごと

対戦ゲーム @D_con0223

【マーセナリーズ】影サムロー覚え書き

多少理解が深まってきたので書きました。

今のところ63-26(70.8%)でレートは8149(86位)です。

f:id:D_con:20211101191913p:plain

(実際はそれぞれ1/5ずつスタッツが高いです)

 

育成がとても大変なのでオリジナル構築よりまず間違いない構築でプレイしつつゲームの理解を深めようとしましたが、強すぎるのと育成がとても大変なので中々別の構築に移ることができません。

採用理由

ヴォルジン

装備が採用理由と言っていいので特にいうことはないです。能力もちゃんと強い。

剣匠サムロー

一応戦将ヴーンを意識して中央サムローにしています。中央緑だとリッチキングとラグナロス相手に不利になりますが、リッチキングは集中して落とすつもりなので関係なく、ラグナロスのメテオは初手に飛んでこないので何か落ちたときに位置を変えるので関係ありません。

ミラーイメージが右に出るので右端に置くのは基本的に良くないです。ヴォルジンの方が狙われやすいためヴォルジンとナタリー・セリーンの位置が逆な気もします。

装備の炎の刃は確定数がずれる相手が多いためこの装備にしています。

例を挙げると影線+影の衝撃+二連撃でリッチキング、破門の杖+二連撃でヴァーデン、二連撃で攻撃力が20に上がった状態で影線(16)+二連撃でケーアンが落とせたりします。

一方肩帯も二連撃のトス役がいない場面で大ダメージを出せる装備なので悪くありません。ミラーでヴォルジンがナタリーに影の衝撃を打ちつつヴォルジンを落とすということをお互いがする場合、肩帯の方が有利になります(そのため炎の刃側は別の選択をする必要があります)。

ナタリー・セリーン

装備に関しては小枝で、特に獣以外のムクラ@兄が入っている構築に有効になります。小枝の場合影の衝撃+破門の杖で兄を倒しつつ、裏にサムローの二連撃の追加効果を発動させるということが可能となります。一方眼球の場合影線(破門の杖状態)で生き返ったケーアンをワンパンできるといったところが特に魅力的かと思います。初ターンに破門の杖をどうしても使いたいのがムクラ入りくらいで、それ以外の多くには眼球の方が単純にダメージが上がるため、ムクラが減っている場合は眼球への変更が十分視野に入ると思います。

(11月2日 追記)

書き忘れていましたが、眼球に変更するとサムローを肩帯にしてもリッチキングを倒せたりするので、肩帯にしやすくなります。

ケーアン・ブラッドフーフ

まれに次ターンに耐久のオーラを温存したいがために何もしないを選択することがあります。

ディアブロ

ドゥームチャージでブリンク・フォックスを殴っても1速のドゥームチャージが飛んできます。

ラグナロス

割と自由枠ですが、裏に超高確率でいるディアブロに大ダメージが与えられる傭兵であり、烈火のルーンがディアブロのファイアストンプ、アポカリプスとシナジーするのも強力で他よりいいかなと思っています。装備はサルファラスという選択もありますがファイアストンプの強化が特に役立っているので今のところは変える気がおきません。

 

マーセナリーズ | ヴォルジン - BeerBrick Hearthstone

マーセナリーズ | 剣匠サムロー - BeerBrick Hearthstone

マーセナリーズ | ナタリー・セリーン - BeerBrick Hearthstone

マーセナリーズ | ケーアン・ブラッドフーフ - BeerBrick Hearthstone

マーセナリーズ | ディアブロ - BeerBrick Hearthstone

マーセナリーズ | ラグナロス - BeerBrick Hearthstone

 

1ターン目の動き

私は1体が動く前に集中して落とすことで、残数有利を取りつつ行動回数でもアドが取れる点が影サムローの魅力だと思っているため以下の動きは基本的にその思想で成り立っています。

vsリッチスタン

リッチキング@モーン、ヴァーデン@凍傷、タヴィッシュ@配線
リッチキングに影線衝撃二連撃

vsムクラスタ

タヴィッシュ@配線、ヴァーデン@凍傷、ムクラ@兄
破門、兄に衝撃、ヴァーデンに二連撃

vs凍気スタン

ジェイナ@ブロック、ヴァーデン@凍傷、タヴィッシュ@配線
破門、タヴィッシュに衝撃、ヴァーデンに二連撃

(11月2日 追記

ひょっとすると破門じゃなくて影線にして破門の杖状態を維持した方がいい可能性もあります。とはいえヴォルジン以外が凍結するとケーアンを影線二連撃で落とすことがどちらにしろできないこと、次ターンから爆発を張られるため破門の杖を打てる場面が限られることから暫定的に破門としています)

vsミラー(炎の刃)

ヴォルジン@指輪、ナタリー@何か、サムロー@炎の刃
ヴォルジンに影線二連撃、ナタリーに衝撃

(破門を打ちつつヴォルジンに衝撃二連撃と動いてくる相手も多いですが、破門の杖を持ち続けることで次ターンに影線二連撃でケーアンの生き返り圏内に持っていけるため1ターン目破門は違うかなと思っています。あと、衝撃で破門を最後に打たされるパターンだと裏から出てくるブリンク・フォックスが最初に打つ技が二連撃でなく破門の杖になるという裏目があります)

vsミラー(肩帯)

ヴォルジン@指輪、ナタリー@何か、サムロー@肩帯
ヴォルジンに衝撃二連撃、ナタリーに影線

(お互いがナタリーに影の衝撃を打つと次ターン相手だけがサムローで大ダメージを出すことができるため、同速でヴォルジンの影の衝撃を止めに行きます。止まった場合、こちらだけがケーアンの生き返り圏内までナタリーサムローで持っていくことができます)

(11月6日 追記

影線もヴォルジンに重ねることでヴォルジンがヴォルジンを狙ってきてかつ同速負けしてもヴォルジンを落とせるようにした方がいいかもしれません)

vs獣

レクサー@常時、キンクラ@常時、ムクラ@兄
レクサーに衝撃、破門、兄に二連撃

or

キンクラに衝撃、兄に影線二連撃

(上は基本的な択ですが、レクサーに影の衝撃が来る前提でキンクラが1ターン目に何もしないという択を相手が取ってくることがあります。その場合、キンクラに影の衝撃を打って削ることで次ターンに非力の呪い破門の杖二連撃でキンクラを落とす選択肢が生まれます)

vs神聖

ヴェレン@書、アンドゥイン@指輪、ムクラ@兄

兄に衝撃、破門、アンドゥインに二連撃

(二連撃より先に贖罪を打たれると落とせないですが、次ターンに影の衝撃+旋風刃+バナナが乗っている場合影線でムクラの挑発を無視して落とせます。なおアンドゥインに同速負けかつサムローが集中され、かつ猛烈バナナで3本以上バナナがムクラに乗った場合サムローが落とされます)

vs自然

マルフュリオン@杖、ガフ@トーテム、ブルカン@ロッド

マルフュリオンに影線衝撃二連撃

 

構築とはあまり関係ない仕様?メモ

・ブリンク・フォックスの精神泥棒は減速を無視した速度に置き換わる

・無敵状態の傭兵をターゲットとした能力は別のランダムな敵になる

・条件が分からないけどケーアンが生き返った後に祖霊のアッパーカットを打とうとすると表示だけされて殴らないことがある

ハンドロックvsOTKデーモンハンターのブリストルバックはテンポプレイした方がおそらくいい

なんで?

1. タップしても異端滑空されるとチャラにされるのでそもそもミニオンを出すメリットが通常より大きい

ハンドロックのヒーローパワーは手札の増強、巨人のコスト軽減、クエスト進行(巨人のコスト軽減含む)の3つの意味がありますが、手札の増強については滑空で無効化されてしまうリスクがあります。

2. 生き残ることで巨人のコストを軽減できる

ヒーローパワーを1回押さない分巨人のコストが下がっていませんが、1回攻撃することでその分の軽減ができ、2回以上であればヒーローパワーより得できます。

また、体力3のブリストルバックは魔眼光以外で1手で処理できず、異端魔眼光をしながらクエスト進行されると不利になりますが、通常魔眼光であれば同時にクエストを進めるのが難しいためトントンになることが多いです。また、ここに魔眼光を使ってもらえると巨人など大型ミニオンの処理がその分難しくなっていきます。

3. 生き残ることでヒーローの体力を高く保てる

このマッチは大型ミニオンに対して複数のコンボパーツを使用して処理をしてきますが、大抵の場合ハンドロック側の体力が勝手に削れていくため18点でOTKが成立することも珍しくありません。そのためコンボパーツが足りなくなるということはあまりありません。しかし、回復を利用して巨人のコストを下げていくことで体力を保つことと巨人の着地の両立ができます。体力26以上(24点+ヒロパで死なない)を保ちながらゲームが進行することも多いです。こうなると大型ミニオンの処理や炎の祭壇によってコンボパーツが足りなくなるという勝ちパターンが生まれてきます。

 

マリガンキープの是非

このマッチで序盤に使いたいカードはブリストルバック、教団の新入会員、ゴールドシャイアのノールあたりでしょうか。また炎の祭壇についてもどうせ異端滑空されて手札減るからという理由でキープすることも多いですが、ミニオンの展開がマナを余さずできるならそちらを優先することになると思います。

このうち新入会員は先行4ターン目でプレイしたいカードですが、ブリストルバックは3ターン目であることを考えると、ひょっとすると最もキープしたいカードかもしれません。

HSReplayによるとキープ率が低く、マリガンWRも高くないですが、おそらくテンポプレイしている割合がそもそも少ないのだと思います。

あと(タイトルとは関係ないですが)序盤に使いたいカードにバックファイアを含めませんでしたが、アネザロンと同時に使えるなら錬気のようなものなので最高、ゴールドシャイアのノールと同時に使えるなら処理と滑空の2択を迫れるので(今の手札に他に出したいミニオンがなくデッキを掘りたいなら)まあよし、ということでキープはするけど3ターン目に使うことは多くなく、4ターン目以降に使う選択肢が生まれるカードかなと思っています。これらの脅威を立てることができないのであれば滑空後に山札に残っている方がありがたいです。

クエストハンター 覚え書き

f:id:D_con:20211006122103p:plain

f:id:D_con:20211006122051p:plain

(記事を書いてるときの順位はレジェンド到達直後で156位でした)

 

デッキガイドというほど理解ができていないのでこのようなタイトルにしました。

 

カードの採用理由

獲物の傷、魔力の一矢、速射の一矢、狙い撃ち

ミニオンがいなくてもクエストを進められる優秀なカードであり、ダメージソースです。獲物の傷はミニオンが出ることがデメリットになることもあります(タコロボ、クエストメイジ、ウォロの各種回復付き除去、遺恨)。獣なので圧倒のダメージが伸びます。

圧倒、ボーラ・ヴォレイ、貫通弾

ミニオンがいるときにクエストを進められるカードです。貫通弾はダメージソースとしても使えます。

爆発の罠

条件付きでクエストを進められるカードです。対アグロで有効なほか、OTKデーモンハンターはタスクピアサーの断末魔を発動させたい関係上クエスト進行カードとしてカウントできることがあります。

リンリングのライフル

対アグロで強力です。主に爆発の罠を狙うことになりますが、場合によっては別の選択肢が選べるのが素の爆発の罠より強力な点です。

貪り食う大群

このカードでクエストは進行しません。クエスト達成後、タヴィッシュを出しながらボードを処理しつつ、ヒーローパワーを再装填する使い方が多いです。タヴィッシュを出した後なら実質0マナ2点というのが強力です。中盤でのボード処理や、リソース獲得ミニオンの回収にも使用します。

追跡術

エスト進行のためのカードを引いてくる使い方が多くなりますが、クエスト達成後に使うと手札を減らさずに呪文カウントを稼げる非常に優秀なカードとなるため、クエスト達成が見えているなら温存したいです。

ラク・コドーベイン

このデッキの貴重なリソース回復手段で、引いてくるカードも多くがクエスト進行に使える非常に強力なカードです。

ブラッドメイジ・サルノス、マナ食らいのパンサーラ、ワンド職人、猛毒スコーピッド

ダメージ呪文が足りないため仕方なく入っているミニオンたちです。基本的に弱いカードであるということを認識する必要があります。ミニオンを対象とするダメージ呪文の的になるという役割はあります。

・ワンド職人

3/9でダメージ呪文が引けます。また、追跡術に関しても当たりといっていいです。

ハズレを引いた場合はクエスト達成後まで温存することが多くなります。

伸縮自在ポーチを引いた場合、0マナを発見すると確定で呪文が引けますが味方の獣が必要なサーペントブルーム、敵味方両方にミニオンが必要な貪り食う大群と両方発動条件があることに注意します。またクエスト達成には寄与しません。1マナを発見すると42枚中9枚が呪文、うち3枚がダメージ呪文です。秘密の景品の当選者も呪文を得ることができます。低確率リーサルのために速射の一矢や狙い撃ちを狙うことがあります。

・マナ食らいのパンサーラ

ヒーローパワーが0マナになったときは他のミニオンより効率よくクエストカウントを進められる可能性があるミニオンになります。獣なので圧倒のダメージが伸びます。

・猛毒スコーピッド

32枚中9枚(爆発の罠を含む)がダメージ呪文です。獣なので圧倒のダメージが伸びます。貪り食う大群との組み合わせで確定除去が可能です。

スレイト先生

唯一クエストに全く寄与しないカードです。アグロドルイドの盤面解決やハンドロック、ビッグウォリアーなどの巨大ミニオンに対して有効です。また、クエスト達成報酬の7/7に対しても役立つ場面があります。

要らないマッチも多いですが、OTKデーモンハンターやワイヤーローグとばかり戦うということであるなら、スレイト先生以前にこのデッキを使う意味がないかもしれません。

 

覚えておくべきこと

聖なる盾をはがすだけだとクエストは進行しない

ダメージ呪文でなくヒーローパワーではがしたり、獲物の傷のハイエナやボーラ・ヴォレイを有効に使いたいです。

2ターン目に1マナ呪文1枚しか使えない場合はヒーローパワーを打つことを考える

エスト進行はヒーローパワーをたくさん打つためのものなので、ここでヒーローパワーを打った方が全体のダメージが高くなる可能性があります。

タヴィッシュ召喚後のダメージ計算

ラザカスプリーストをプレイしていた人ならおなじみかもしれませんが、

2点*(打つ呪文の枚数+1)+呪文の点数

です。

 

マリガン

全マッチキープ

獲物の傷、魔力の一矢、速射の一矢、狙い撃ち、バラク・コドーベイン

獲物の傷がある場合全マッチキープ

圧倒

 

各マッチについて

vsOTKデーモンハンター(若干不利)

追加キープ

ワンド職人

 

ミニオンへのダメージ呪文は味方に打たなければいけないことが多くなります。爆発の罠はタスクピアサーを握られているときに貼りたいです。その際、味方のミニオンは処理するのが望ましいです。

滑空でタヴィッシュを戻されたくないので相手のクエスト達成直後にこちらも達成するのが理想です。

ミニオンを並べることでフェルスクリームブラストでの回復量が増えることに注意します。

速度的にやや厳しい相手ですが、ラダーだと火葬のオーラなどをキープされる可能性があることで勝率が高まると思います。

 

vsワイヤーローグ(不利)

追加キープ

なし

 

スコーピッドでないミニオンを下手に出すと素出しタコロボの発動を許す可能性があります。そのため、ワンド職人があっても圧倒がないなら2ターン目はヒーローパワーを押しましょう。獲物の傷はタコロボを出された場合でも処理できるカードがあるときに打つのが望ましいですが、1マナ呪文が2枚あるならそれらを打つことを優先した方がおそらくよく、獲物の傷1枚のみならヒーローパワーの方がおそらく効率がよくなります。4マナの貫通弾がタコロボのリスクになるため3ターン目以降はそこまで神経質になる必要はありません。

速度的に厳しい相手ですが、ラダーだと景品横取り野郎などをキープされる可能性があることで勝率が高まると思います。

 

vsフェイスハンター(五分~若干不利)

追加キープ

圧倒、ボーラ・ヴォレイ、爆発の罠

 

とにかく途中までのボードからのダメージを抑えないとダメージレースで勝てません。サイの的になるようなミニオンの出し方は避けましょう。

爆発の罠はミラーだと発動しないためラダーでクエストハンターが多い場合はキープが難しいです。

 

vsハンドロック(五分~若干有利)

追加キープ

なし(獲物の傷はデータ上キープしない方がいいっぽい)

 

相手の回復手段は対象となるミニオンが必要ということを意識しましょう。

対メイジほどではないですが自らボードを処理するのがプラスに働く場面があります。

 

vsクエストメイジ(とても有利)

追加キープ

なし

 

ミニオンを出していいのは同一ターンに処理できる場合のみです。手札が全てミニオンでもヒーローパワーを打ってエンドしましょう。バラク・コドーベインはそれが難しい上に強力なため出してよいですが、ほかの動きがあるなら唯一遅らせることを考えるべきマッチです。

 

vsアグロドルイド(とても有利)

追加キープ

圧倒、ボーラ・ヴォレイ、爆発の罠

 

とにかくミニオンの処理を意識します。爆発の罠はラダーだとおそらくキープできません。スレイト先生+ボーラ・ヴォレイが中盤以降の強力なボードに対するカウンターになります。クエスト達成まですべてのダメージ呪文をボードに使いたいですが、クエストを進めることでボード処理が簡単になるという要素もあるので手札と相談しながら顔面に呪文を打つこともあります。聖なる盾ミニオンが出てくる可能性が高いので、クエスト進行が遅れないような打ち方を心がけましょう。

 

vsクエストウォリアー(若干有利)

追加キープ

ワンド職人

 

テンポ型であっても遺恨が採用されていることに注意しましょう。ミニオンはぶつけるなり除去するなりして遺恨による逆転を防ぐことを意識すべき場面が特に後半に多くなります。

ただ、ミニオンを出しておくことがジャガーノートのランダムダメージを吸うこともあるため判断が難しいです。RNGが大きく絡むダメージレースでどこまでフェイスorトレードをうまくできるかが勝敗に直結します。

ワイヤーローグvsファティーグウォーロックにおける絞殺ワイヤーキープに関する考察(絞殺だけに)

ワイヤーローグでファティーウォーロックに炎の祭壇でワイヤーを焼かれて負けた経験のある人は現状少なからずいるのではないでしょうか。

私は昨日アレク杯初戦でやられてしばらく抜け殻のようになっていました。

「はぁ~運が悪くて負けた~」

それで済ませていいのかと思って書きました。

絞殺ワイヤーをキープするべきという話ではなく、このマッチで絞殺ワイヤーは常に返すのが果たして正解なのか?という問いかけです。

以下ワイヤーのキープとは1枚絞殺ワイヤーをキープすることとします。

 

ワイヤーローグでファティーウォーロックに負けるパターンは大きく分けて

1. 炎の祭壇でワイヤーを焼かれる

2. 相手に先にコンボを完遂される

の2つだと思います。

敗北率を式にすると

(敗北率)=(炎の祭壇でワイヤーを焼かれる確率)+(炎の祭壇でワイヤーを焼かれない確率)*(相手に先にコンボを完遂される確率)

となるでしょう。もちろん炎の祭壇で現地連絡員、タコロボ、イセリアル改造屋、影隠れあたりが焼けて速度が低下したりもしますが面倒なのでひとまず置いておきます。

ワイヤー1枚焼かれてもイセリアル4回の24点で勝てることもあるかもしれませんが無視します。

もちろん絞殺ワイヤーは最終ターンまでゴミなのでキープすると(炎の祭壇でワイヤーを焼かれない確率)*(相手に先にコンボを完遂される確率)が上がりますが、キープすることで(炎の祭壇でワイヤーを焼かれる確率)が下がります。

 

ワイヤーを焼かれる確率は山札の枚数に依存しますがキープする場合としない場合の割合はあんまり変わらないと思うので、ひとまず残り山札20枚でワイヤーを新たに引いておらず炎の祭壇を1枚使われるとき、yを(ワイヤーを返して相手に先にコンボを完遂される確率)、xを(ワイヤーをキープして相手に先にコンボを完遂される確率)とすると、その敗北率が等しくなるとき以下の式で表せます。

0.28 + 0.72 * y = 0.15 + 0.85 * x

残り山札20枚で炎の祭壇を2枚連続で使われるときは

0.52 + 0.48 * y = 0.3 + 0.7 * x

です。

 

0.28 + 0.72 * y < 0.15 + 0.85 * x

0.52 + 0.48 * y < 0.3 + 0.7 * x

この場合キープしない方が優れていて、

 

0.28 + 0.72 * y > 0.15 + 0.85 * x

0.52 + 0.48 * y > 0.3 + 0.7 * x

こうなったらキープする方が優れていることになります。

 

炎の祭壇を返すことで右の項は小さくなっても、左の項がそれより上がってしまったらキープした方がいいということになります。

 

(9月16日追記)

ワイヤーをキープすることで速度が下がり炎の祭壇を打たれる枚数が増える可能性があるという指摘を受けました。その通りだと思います。ただ、それをこれに組み込むことは難しいので記事はそのままにしてあります。

 

グラフで等式を表すとそれぞれ以下のようになります。

このラインよりyが上回る場合はワイヤーをキープした方がよく、下回る場合は返した方がよいということになります。

例えば炎の祭壇を1枚使われる場合、ワイヤーをキープした時にファティーウォーロックに速度負けする確率が50%の初手であるなら、返すことで40%以下(速度勝ちする確率が60%以上)の初手にならない限り残した方がよいということになります。

f:id:D_con:20210916164102p:plain

 

炎の祭壇を2枚使われる場合、ワイヤーをキープした時にファティーウォーロックに速度負けする確率が50%の初手であるなら、返すことで27%以下(速度勝ちする確率が73%以上)の初手にならない限り残した方がよいということになります。

f:id:D_con:20210916164114p:plain

 

炎の祭壇を2枚使われる場合だと要求される速度勝ちする確率がやたら上がってますよね。これって結構無視できなくないですか?

 

例えば極端な話ですが、後攻のマリガン前で

[現地連絡員、タコロボ、ガーディアン改造屋、絞殺ワイヤー]

とあった場合、私は全部キープするのが正解だと思います。

まずキープしても速度で勝てると考えているからです。

ちなみに炎の祭壇を2枚使われる前提ですと、キープしても69%速度勝ちできるとするならキープしない場合要求される速度勝ちの確率は100%を超えます。つまり何が何でもキープしなければならないということです。私はこの初手で7割切るなんて考えられません。

 

私はワイヤーローグもファティーウォーロックも使用経験が非常に浅く、多くを語ることはできません。しかし、ワイヤーローグでワイヤーを焼かれなかった場合は常に勝ってますし、ファティーウォーロックでワイヤーを焼けなかった場合は常に負けています。多くのプレイヤーはおそらく似たような感じじゃないでしょうか。

であるならば炎の祭壇による負けは無視すべきものでなく、積極的にマリガンで回避すべきものなのかもしれません。

 

ワイヤーを焼かれて負けるというのが本当にただの運なのか、キープした方が実は勝率が上がるパターンがあるのではないかという考察でした。仮定に仮定を塗り固めたような考察ですが、いろいろ網羅するのはきつい上にピントがぼやけるので許してください。

 

最後に、私が昨日のアレク杯でワイヤーを焼かれて負けたときのマリガンが以下の画像です。

f:id:D_con:20210916165615p:plain

もちろんノータイムでした。ですが本当に正しかったのでしょうか。

風集うストームウィンド 事前カード評価

1~4で評価

4:デッキの中心になり得るパワー、あるいはとんでもなく汎用性が高い

3:いろんなデッキに入る

2:使うデッキもある

1:使われない

 

デーモンハンター

f:id:D_con:20210728115236p:plain

評価:2

フェル呪文は除去カードが多いため除去しながら挑発を立てるという動きは強そう。ただ、そのようなコントロールチックなデッキは現状OTKデーモンハンターしかなく、既に入ってるカードを押しのけて入ってくるかと言われると難しい。

 

f:id:D_con:20210728115240p:plain

評価:2

OTKの場合混沌一閃と異なりボードに影響を与えられるわけではないのでサイクルカードといえども採用されるかは疑問。ただフェル学やイセリアル改造屋よりは強いかも。

エストの場合5枚ドローを達成するために使われてもおかしくはない。

 

f:id:D_con:20210728115243p:plainf:id:D_con:20210728115621p:plainf:id:D_con:20210728115626p:plainf:id:D_con:20210728115631p:plain
評価:1

引くカードは豊富なので達成はできるが、達成するまでの動きが強くない上に達成した後もコストを減らすことで何かをして勝つ必要がある。OTKデーモンハンターに比べて優れている感じがしない。

 

f:id:D_con:20210728115247p:plain

評価:3

4点除去、2点*2除去と柔軟性が高く、さらに相手の場次第では顔に飛んでいくという点が強力か。アグレッシブなデッキで使う価値がありそう。

 

f:id:D_con:20210728115251p:plain

評価:2

魔眼光に比べると弱い気がする。フェルであることを有効活用できるデッキなら採用価値はあるか。

 

f:id:D_con:20210728115254p:plain

評価:2

 

 

f:id:D_con:20210728115258p:plain

評価:2

交換可がついてることによって1度の発動がおおむね保証されている。断末魔デモハンにはすんなり入りそう。

 

f:id:D_con:20210728115302p:plain

評価:3

近年のキャントリップは大体マナレシオがおかしい。これもその1枚。

 

f:id:D_con:20210728115306p:plain

評価:3

連続クエストデッキを組むうえで心強いカード。

 

f:id:D_con:20210728115309p:plain

評価:2

コントロールデーモンハンターのフィニッシャーカード。問題はそのようなデッキがいまだかつてないこと。髑髏よりコストが高いカードは現状よっぽどのことがないと採用されない。フェル連射、混沌一閃、憤怒を考えると10ダメージ以上叩き出すことは可能にも思えるが、OTKデーモンハンターが現状アグロの除去と回復とOTKを高いレベルで並立できていることを考えるとそれを上回るデッキには現状ならなそうな気がする。

 

ドルイド

f:id:D_con:20210728122502p:plain

評価:2

現状のトークドルイドではミニオンであるということがデメリットになるためクッチャベラーレベルでないこのカードは採用できない。アグロドルイドのようなデッキであれば採用できそう。

 

f:id:D_con:20210728122505p:plainf:id:D_con:20210728122616p:plainf:id:D_con:20210728122625p:plainf:id:D_con:20210728122630p:plain



評価:2

現状だとヒーローに攻撃力を付与するカードが4種8枚しかない。4,5,6,ガフ+棘甲羅ガフで31点出すことができるが、おそらくボードに振っていくであろうことを考えるとそれだけでは勝利条件を満たすことはできない。現状顔面に打てる呪文もないので勝ち切るのはそんなに簡単ではなさそうに見える。

 

f:id:D_con:20210728122509p:plain

評価:3

トークドルイドのバフカードとしてはかなり優秀な上に腐らないのがうれしい。

 

f:id:D_con:20210728122512p:plain

評価:2 3

エストであれば使われるかもしれないが、獣なので命の種が公園のヒョウとぶつかってしまう。

追記:攻撃力アップはこのターンだけだと思ってました。アグロ系なら入れていい性能。

f:id:D_con:20210728122516p:plain

評価:3

トークドルイドが一気にカードを吐くタイミングで使えば除去されても手札を取り戻せる。クッチャベラーと非常に相性がよい一方、グローフライではドローが過剰になりそう。アグロドルイドなどでも錬気や電光刹花を強く使うことができる。

 

f:id:D_con:20210728122520p:plain

評価:3

アグロドルイドを成立させうるカード。レイザーメインの戦闘衛兵と組み合わせれば大きなバリューを出せるのでそういう使い方もあるかもしれない。ただ現状2マナ以下のミニオンは中立に頼るしかないのですぐに強力なアグロドルイドが組めるかは疑問。今後に期待。

 

f:id:D_con:20210728122523p:plain

評価:2

カタログスペックはかなりのものだが、急襲付与を活かすにはミニオンと同時に出すということであり重い。中身の急襲も自ターンに割れないと活かせない。王の祝福っぽいカードとして使えそうなのだが、現状そのようなデッキはない。アグロドルイドの成立に期待。

 

f:id:D_con:20210728122527p:plain

評価:2

4点と3点を振り分けられるカード。クエストなら使われる。それ以外だと顔を使って取る都合上アグレッシブなデッキで使いたい。

 

f:id:D_con:20210728122530p:plain

評価:3

ランプ系ドルイドで隙になりやすいターンを埋めるカードとして十分。相手に左右されない虫害のようなカードでアグロ相手は虫害ほど壊れてはいないものの武器主体のローグなどに対してもちゃんと機能する。

 

f:id:D_con:20210728122534p:plain

評価:3

物凄いことが書いてあるが8マナで出た時に何もしないのを許すデッキがどれだけあるか次第。

 

ハンター

f:id:D_con:20210728124713p:plain

評価:1

エストでトークンと合わせて使うカードなのだろうがイナゴの大群などに比べて単体で機能しない上にドローの無いハンターのカードというのが厳しすぎる。戻ってくるのも急襲も持たないトークンだと対して役に立たない。

 

f:id:D_con:20210728124717p:plainf:id:D_con:20210728124959p:plain

f:id:D_con:20210728125005p:plainf:id:D_con:20210728125010p:plain



評価:2

面白い効果だが、プリーストと異なりライフを回復する手段がなく、手札の補充が発射準備のみという状態なので活かすのは現状のカードプールだと難しそう。

(追記:バラクコドーベインを忘れてました)

 

f:id:D_con:20210728124721p:plain

評価:1

おそらくモクナサルのライオンやネズミの王をサーチするカードなのだろうが機能するまでに時間がかかる上にこのカードを使う時点で手札を1枚減らしているのがキツイ。

 

f:id:D_con:20210728124724p:plain

評価:2

書いてあることはかなり凄いがこれが入るデッキが弱そう。

 

f:id:D_con:20210728124728p:plain

評価:4

全部のハンターに入れていいレベルのpowerfulカード。

 

f:id:D_con:20210728124731p:plain

評価:2

無敵を活かさないと1.5マナ相当のバフ+1マナのミニオンが出てくる断末魔なのでカワイイ侵入者と比べると大分見劣りする。ミニオンがいる前提でしかも3マナなのが厳しい。断末魔を多用するハンターには採用されるか。

 

f:id:D_con:20210728124735p:plain

評価:3

動く卵としての性能は悪くなく、今弾の色んなカードと相性がいい。

 

f:id:D_con:20210728124739p:plain

評価:2

アグロデッキでは条件を満たすことが難しいためトークン系のデッキを組む必要がある。ただ現状砂漠の槍やイナゴの大群などの急襲持ちがほとんどいない。コルカーの群れ追いこそ強力だがデッキとして成立させるにはカードが足りていないように思える。

 

f:id:D_con:20210728124743p:plain

評価:1

守護獣から出したら非常に強力だがハンターで守護獣を使うのは難しく思える。

 

f:id:D_con:20210728124746p:plain

評価:1

急襲がないと非常に使いにくい。

 

 

メイジ

f:id:D_con:20210728134035p:plain

評価:2

火炎呪文限定の段取り。焼け残り特売や聖域の灯火係と相性がいい。

 

f:id:D_con:20210728134039p:plain

評価:3

除去としてまずまずのカード。火炎呪文カウントとしても悪くない。

 

f:id:D_con:20210728134043p:plainf:id:D_con:20210728134355p:plainf:id:D_con:20210728134400p:plainf:id:D_con:20210728134405p:plain



評価:2

火炎と魔力は揃っているが凍気のカードがあまり強くない。達成も引き次第だとかなり困難。今後凍気のカードが充実すれば使える可能性はある。

 

f:id:D_con:20210728134047p:plain

評価:2

火炎呪文限定の才ある魔術師。素置きできるスタッツなのはうれしい。火炎メイジであれば雑に入りそう。

 

f:id:D_con:20210728134050p:plain

評価:2

スペルメイジのようなデッキだと高コストのカードに乗るとは限らず、現状5マナ以上の呪文が少ないのですぐに活躍するカードではなさそう。ビッグスペルメイジのようなデッキが後に再び生まれれば使われるか。

 

f:id:D_con:20210728134054p:plain

評価:2

火炎メイジにしかたなく入れるカード。ただ山札が決して切れないという性質上コントロールに対してさらに盤石の強さと化す。

 

f:id:D_con:20210728134058p:plain

評価:2

シンプルな全体除去だが火炎メイジにはうれしい。

 

f:id:D_con:20210728134102p:plain

評価:3

余熱と合わせれば出たターンに2ドローも難しくなく、効果の割にはスタッツが優秀に思える。

 

f:id:D_con:20210728134105p:plain

評価:2

現状だと踏み倒せるのは極低温やグランドフィナーレ止まり。10マナ呪文が再び来れば輝くかも。

 

f:id:D_con:20210728134109p:plain

評価:3

火炎メイジを組む理由としては十分。4マナ以下の火炎呪文が7種あり、一の炎や火付けでさらに増える。山火事は怪しいが他はすんなりデッキに入るためおそらく火炎メイジは問題なく成立する。

 

パラディン

f:id:D_con:20210728135730p:plainf:id:D_con:20210728135819p:plainf:id:D_con:20210728135824p:plainf:id:D_con:20210728135829p:plain

評価:1

初登校の日と祝福グッズはあるものの、祝福グッズで秘策を引く動きは弱い。達成後のヒロパはジャラクサスに匹敵するので強いと言おうとしたがただ出すだけのジャラクサスと比較すると道のりが困難すぎる。

 



f:id:D_con:20210728135734p:plain

評価:3

条件を満たすのは難しいかと思ったが意外とそんなことはなさそう。

 

f:id:D_con:20210728135737p:plain

評価:2

エスト以外でデッキに入ることはなさそうだが、クエストなら秘策を選んで進めることも、それが不要ならまともなカードを手札に加えることもできる。

 

f:id:D_con:20210728135742p:plain

評価:3

コントロール系のパラディンを作る原動力となる1枚。才ある魔術師との組み合わせが強力。

 

f:id:D_con:20210728135745p:plain

評価:3

多分1/1聖なる盾が出るのかな?(公式サイトにも載ってない)聖なる盾シナジーを使用しない場合でも場持ちがそれなりによくなるので後続のバフにつなげやすい。

 

f:id:D_con:20210728135750p:plain

評価:3

最近の凄いキャントリップシリーズ。例によってマナレシオがちょっとおかしい。

 

f:id:D_con:20210728135753p:plain

評価:3

コントロールデッキとしては悪くない武器。ただメイジなどには振り先がなくて困ることもありそう。

 

 

f:id:D_con:20210728135756p:plain

評価:1

流石にハンドバフ前提すぎる。コントロールで使いたいがコントロールだとハンドバフしない。

 

f:id:D_con:20210728135800p:plain

評価:3

素置きでも悪くない性能で、ハンドバフもおそらくそこまで難しくない。

 

f:id:D_con:20210728135803p:plain

評価:3

見た目以上にとんでもないことが起こりそう。

 

プリースト

f:id:D_con:20210728141220p:plain

評価:3

状況を非常に選ぶ沈黙カードに交換可がついているのはうれしい。ワンド職人から出る沈黙カードが2種になった。

 

f:id:D_con:20210728141223p:plain

評価:3

現状のプリーストの断末魔は霊柩、影の霊、光の雨のエレメンタルのみ。一方中立は27種あるため多くの場合それらから発見することになる。デメリットの断末魔も多いのだがゲーム後半で5コスト以上のカードを発見できればかなり強力。シャドウプリーストなら採用されるか。

 

f:id:D_con:20210728141227p:plainf:id:D_con:20210728142007p:plainf:id:D_con:20210728142012p:plainf:id:D_con:20210728142017p:plain

評価:2

アグロ相手にはほぼ意味のないカードで、遅いデッキ相手の場合ミュターヌスを回避できないという弱点が付きまとう。プリーストミラー、クトゥーンウォリアーとの相性は大幅に改善するだろうがそれ以外に対して特に強くなさそう。クトゥーンよりはマシくらいのカードか。

 

f:id:D_con:20210728141230p:plain

評価:3

凄くヤバい香りもするが現状流石にカードが足りてないと思う。

 

f:id:D_con:20210728141234p:plain

評価:4

条件を満たすのが極めて簡単で暇なときに持っておくだけでいいカードとしてかなり強い。

 

f:id:D_con:20210728141237p:plain

評価:3

ミニオンで殴るだけで発動するほか、影布の針や影なる姿のヒーローパワーでも発動する。ただコントロール寄りだとヒロパはミニオンに打ちたいことも多いと思うのでマナセイバーとの相互互換くらいか。アグレッシブなデッキで使いたい。

 

f:id:D_con:20210728141241p:plain

評価:2

ベネディクトゥスはコントロールデッキとして運用できると思っているのだがこういう方向性で戦えるかはちょっとわからない。

 

f:id:D_con:20210728141244p:plain

評価:2

顔に打てるという点がポイント。ただ現状でそういったデッキが組めるかというと分からない。

 

f:id:D_con:20210728141248p:plain

評価:4

月を食らうものバクくらい強い。周りのカードを見るにフェイスを積極的に詰めるデッキを推奨されているが、おそらくヒロパを除去として運用するコントロールデッキの方が現段階では強いと思う。デッキ外カードの入手によって足りない要素はいくらでも補うことができる。今拡張のトップレア。クトゥーンと同時に使用した場合どうなるのか分からないが並立もありえなくはない。

 

f:id:D_con:20210728141251p:plain

評価:2

ワンド職人のような適当なカードでもつけるだけで一気にアドバンテージを得られる。ただミニオンがいる前提のカードで、神格化ほどの勝敗に直結するカードでもなく重いのでデッキには入らないか。デッキ外から持ってくることで真価を発揮しそう。

 

ローグ

f:id:D_con:20210728145350p:plain

評価:2

除去としては並の性能。SI:7カードであり交換可がついているのはうれしい。

 

f:id:D_con:20210728145354p:plainf:id:D_con:20210728151127p:plainf:id:D_con:20210728151133p:plainf:id:D_con:20210728151139p:plainf:id:D_con:20210728151148p:plainf:id:D_con:20210728151151p:plainf:id:D_con:20210728151154p:plainf:id:D_con:20210728151158p:plainf:id:D_con:20210728151202p:plain

評価:1

SI:7カードがあんまり強くないし、途中で得られる報酬は強力だが達成してもゲームを決める力はない。

 

f:id:D_con:20210728145358p:plain

評価:2

とてもユニークなカード。相手のマリガンが狂うかもしれないし232と最低限のスタッツなのでひょっとすると入れ得かもしれないという期待を込めて評価3。にしようと思ったがローグのヒロパは2ターン目に打つという観点では強力なので、ウォーロックを引けないとヒロパの変更が足を引っ張る展開にはなりそう。

 

f:id:D_con:20210728145402p:plain

評価:3

今の毒ローグはものすごい勢いで山札を引くので十分流血を引ききるチャンスはある。

 

f:id:D_con:20210728145405p:plain

評価:2

エストを使うなら。それ以外では不要。

 

f:id:D_con:20210728145409p:plain

評価:2

差し引きコイン1枚分得するのだが墓荒らしが採用されていない現状を考えると厳しいか。いうほど今のローグはコンボしない。偽滅の刃かスキャブスカッターバターと合わせての使用が考えられなくもない。

 

f:id:D_con:20210728145412p:plain

評価:1

現状の4マナ以下の断末魔にそこまで希望を感じない。3マナは重すぎる。

 

f:id:D_con:20210728145416p:plain

評価:2

SI:7カード全部あんまり強くないな…。

 

f:id:D_con:20210728145419p:plain

評価:3

442武器の時点で一定以上の強さは約束されている。ただ装備時点であらかじめ断末魔を発動させておかなければいけないというのは結構重そう。

 

f:id:D_con:20210728145422p:plain

評価:1

コストが2下がるとヴァイルスパイン・スレイヤー。このカード含めSI:7カードは対応していくタイプの札が多くクエストを進める上では悪くないのだが、特にこのカードは引きに左右されるため厳しい。

 

シャーマン

f:id:D_con:20210728151438p:plain

評価:2

面白い使い方ができるカードではありそうだが、ダンジョニアや金網デスマッチ管理係を見た後だと見劣りする。

 

f:id:D_con:20210728151441p:plain

評価:4

何もかも強い。オバロ解放カードは溶岩の衝撃すら使われていたことを考えるとこれはとんでもない。バーストとしても使えるしオバロ解放カードとしてもコストが低い。交換可までついてるのはやりすぎ。

 

f:id:D_con:20210728151444p:plainf:id:D_con:20210728152152p:plainf:id:D_con:20210728152155p:plainf:id:D_con:20210728152158p:plain

評価:2

受け身のオーバーロードカードはそれなりにあり、達成後の報酬も強力。ただ飛び火や焦げ付きといったカードは自然呪文でなく、始原のダンジョニアが使いにくくなるという問題がある。となるとリソース供給が難しいシャーマンの問題が解消できていない。

 

f:id:D_con:20210728151448p:plain

評価:4

ブランよりもコストが1低い時点でもう凄い。

 

f:id:D_con:20210728151452p:plain

評価:3

2マナ武器としてはかなりの性能に思える。

 

f:id:D_con:20210728151455p:plain

評価:2

エスト達成後のカードとして非常に強いがクエストデッキを組むのが現状だと難しく思える。

 

f:id:D_con:20210728151458p:plain

評価:4

目の覚めるようなオーバーロードカード。受け身なデッキであれば文句なく採用される。

 

f:id:D_con:20210728151502p:plain

評価:2

コストが重く、電光刹花と合わせられないと強く使うのは難しそうだが、合わせることができれば挑発によってこのミニオンが守られるため強い。振れ幅が大きそうなカード。

 

f:id:D_con:20210728151506p:plain

評価:3

現状でエレメンタルシャーマンが成功していて、このカードはそれにすんなり入るカード。

 

f:id:D_con:20210728151510p:plain

評価:3

進化カードと合わせても強力だが、素で打っても1枚くらいは当たりを引けそう。

 

 

ウォーロック

f:id:D_con:20210728153145p:plain

評価:3

ウォーロックの欲しいカードがそのまま来たという感じ。タムシンで使いまわせる影呪文なのもうれしい。

 

f:id:D_con:20210728153148p:plainf:id:D_con:20210728153326p:plainf:id:D_con:20210728153323p:plainf:id:D_con:20210728153329p:plain

評価:1

達成後の報酬は強力だが21自傷(実質15ではあるが)はあまりにも重い。それに耐えうる回復も現状では用意されてなさそう。対コントロールのカードとしてはチケッタスやジャラクサスなど優秀なカードを既に持っており、これがそれらに取って代わることは現状のカードプールではなさそう。また、これを活かせるくらい回復が整っていればこれなしでも非常に強力なウォーロックが組める。

 

f:id:D_con:20210728153152p:plain

評価:3

新たなzoo戦士としてなかなかの性能。闇の睨視者やマナアリのモッシャーともシナジーし、場持ちがいい悪魔ということでバーテンのターンまで残ることも期待できる。

 

f:id:D_con:20210728153157p:plain

評価:3

ハンドロックは手札が溢れやすいのでヒマなターンに装備するカードとしては3マナはやや重いものの強力。

 

f:id:D_con:20210728153202p:plain

評価:2

zooの対コントロールカードとして悪くない性能なのかもしれない。ただ、これがないとzooが息切れするマッチばかりならそもそもzooを使うのが正解ではないのかもしれない。

 

f:id:D_con:20210728153205p:plain

評価:2

コスパはマナ相応。ボードに3点を綺麗に使うことができれば強力。顔にも打てるのはうれしい。そこまで強いカードではないと思うが色々噛み合ってzooには入るカードだと思う。

 

f:id:D_con:20210728153209p:plain

評価:3

ジェネリック山の巨人。巨人より腐りにくい点で勝る。

 

f:id:D_con:20210728153212p:plain

評価:4

1体バフした時点でマナ相応で、2体バフできればあれだけ強力だった菌術師の本体スタッツが高いバージョン。それよりもバフできれば言葉に尽くせない何か。zooで1マナ余ることは他のデッキに比べると少ないため交換可は他に比べると活きにくいと思うがそれでもありがたい。

 

f:id:D_con:20210728153216p:plain

評価:2

ハンドロックには入ると思うが、対アグロでこれを出している余裕はおそらくない。

 

f:id:D_con:20210728153219p:plain

評価:3

対アグロのリセットカードとしても他と合わせればギリギリ間に合いそうなコストとダメージで、遅いデッキ同士であれば強い捩じれし冥界として使える。柔軟性の高い良いカード。

 

ウォリアー

f:id:D_con:20210728154806p:plain

評価:1

交換可がついてるので評価2にしようとも思ったが流石に。単体で紙切れの上に2枚コンボでもめちゃめちゃ強力というわけでもないのが厳しい。発見からなら交換可があることも含めて選ぶ可能性はある。

 

f:id:D_con:20210728154811p:plain

評価:3

海賊デッキが強そうなのでこのカードも強力に使えそう。1マナ5点はテンポを取る上であまりにも強い。

 

f:id:D_con:20210728154815p:plain

評価:4

エストの達成は自然な形で達成でき、報酬も強力。

 

f:id:D_con:20210728154819p:plain

評価:4

キャントリップおかしいシリーズの一角。

 

f:id:D_con:20210728154823p:plain

評価:2

海賊シナジーを活かす前提であれば悪くないカード。

 

f:id:D_con:20210728154828p:plain

評価:2

対アグロとしてはデスヘッドの狂信者との相互互換程度の強さだが対コントロールであればそれよりも強い。それが活きるのはファティーグ勝負ということになりそうだが。

海賊カードとしては今までに比べて守備よりのカードだがクエスト達成を考えると悪くない。

 

f:id:D_con:20210728154832p:plain

評価:1

交換可がついてるので2にしようかと思ったがやめた。

 

f:id:D_con:20210728154836p:plain

評価:1

現状のウォリアーはそこまでドローを進めていくヒーローではなく、出てくるメカも貧弱。

 

f:id:D_con:20210728154839p:plain

評価:3

招集カードとしてはかなり良いスタッツ。現状のカードでビッグウォリアーが組めるかは未知数だが、その中核になるのは間違いない。

 

f:id:D_con:20210728154845p:plain

評価:2

ビッグウォリアーには入るカード。急襲ウォリアーに入るかは怪しい。

 

中立

f:id:D_con:20210728160735p:plain

評価:1

新たなロマンカード。

 

f:id:D_con:20210728160738p:plain

評価:4

おそらく全てのアグロに入るであろう強力な1ドロップ。先行か後攻かで大きく強さは変わってしまうが先1でこれを置くより(デーモンハンター以外の)相手にとって苦しいことはない。

 

f:id:D_con:20210728160742p:plain

評価:3

現状では唯一のデメリットの無い中立113。効果も有効に活躍できる場面は多そう。

 

f:id:D_con:20210728160745p:plain

評価:2

隠れ身シナジーを活かしたデッキであれば採用されるか。

 

f:id:D_con:20210728160749p:plain

評価:2

アグロ系のシャーマンの枠を争えるかは怪しいか。アグロドルイドが成立するとしたらこのカードは入っていそう。

 

f:id:D_con:20210728160752p:plain

評価:2

ローグであればタコロボを1/3で発見できる。現状のカードプールだとそれを活かす以外の使い道はなさそうだし、それに賭けるにしては確率が低いか。

 

f:id:D_con:20210728160756p:plain

評価:3

ダンジョニアやベネディクトゥスなどデッキの呪文に縛りを加えている場合特に強力に使うことができる。

 

f:id:D_con:20210728160759p:plain

評価:1

twitterだと怪しい使い方がささやかれてもいるがおそらく実戦レベルではない。

 

f:id:D_con:20210728160803p:plain

評価:1

スタッツは封印されしフェルモーに等しい。カード3枚を次のターンに使うには1マナ3枚かコイン、電光刹花などを使う必要があり、それが出来なければ殴らないフェルモーということになる。強く使うのはかなり難しそう。

 

f:id:D_con:20210728160807p:plain

評価:2

中立の交換可カードは受けよりのデッキにしか入らないカードが多く、このカードのために何枚も入れるのは本末転倒に思える。

 

f:id:D_con:20210728160811p:plain

評価:3

アグレッシブなハンターでは悪くない性能か。現状獣シナジーを活かすカードはあまり強くないが、来れば使われることもあるかもしれない。

 

f:id:D_con:20210728160815p:plain

評価:1

そんな価値のあるカードはない。

 

f:id:D_con:20210728160819p:plain

評価:2

これに関しては事前評価ではないが、まあコントロールでは悪くない性能だった。

 

f:id:D_con:20210728160823p:plain

評価:3

最低でも323断末魔1ドローと悪くなく、処理できないとさらに枚数を増やされる。カタログスペックは高いがどういったデッキで使うべきかは分からない。

 

f:id:D_con:20210728160827p:plain

評価:1

ランダム要素で出てほしくないカードの1つ。

 

f:id:D_con:20210728160830p:plain

評価:3

エストデッキならすんなり入るカード。特に呪文を必要とするメイジなどでは重宝されるか。

 

f:id:D_con:20210728160833p:plain

評価:3

1体いれば3/4、2体以上いればオーバースタッツとなり強力。状況を選ぶが交換可ということで横並びデッキには欲しいカード。

 

f:id:D_con:20210728160837p:plain

評価:1

ハンドロックのようなデッキであってもアルガスのようなカードがないと使うのが難しく、おそらくアルガスは入らないので使わない。

 

f:id:D_con:20210728160840p:plain

評価:1

中立の交換可カードとしては一番弱い。ハイランダーデッキなら入るだろうが現状ハイランダーシナジーは存在しない。

 

f:id:D_con:20210728160844p:plain

評価:3

1マナ重い代わりに交換可がついているウーズ。ウーズの性質上相手によっては完全に腐るためあまりにも交換可と相性がいい。

 

f:id:D_con:20210728160848p:plain

評価:3

カードバリュー的に適当に使っても悪くはなく、運が良ければゲームを壊すという使い方が出来そう。

 

f:id:D_con:20210728160851p:plain

評価:3

断末魔シナジーがあるデッキならすんなり採用できる。

 

f:id:D_con:20210728160855p:plain

評価:2

呪文ダメージが大安売りされている現状だとかつてのカードより明らかに強くても採用するデッキがあるかは分からない。

 

f:id:D_con:20210728160859p:plain

評価:3

ハンドロックの回復カードとしては中々に強力。ただ、回復が欲しい一番の相手はアグロ系のデッキなので手札を消費するであろうことを考えると思ったより強くない可能性はある。

 

f:id:D_con:20210728160903p:plain

評価:3

往餓術師と比較すると場に影響を与えることはないがコストが1低い。使われる気もするがどういうデッキに入るのか想像ができない。

 

f:id:D_con:20210728160907p:plain

評価:3

スペルブレイカーと同じコストで交換可がついてきた。中立にこういうカードを置かないようにしたのではなかったのだろうか。

 

f:id:D_con:20210728160911p:plain

評価:2

合計スタッツ的には菌術師を上回り、挑発もついている。ただ即時にトレード能力を高める目的ではそこまで強くはない。

 

f:id:D_con:20210728160915p:plain

評価:3

けっこう危険な匂いのするミニオン。ミッドレンジタイプのデッキであれば一気に打点を伸ばすことができる。聖なる盾パラディンなどで使われるか。

 

f:id:D_con:20210728160918p:plain

評価:3

かつての鉤手のリーヴァーのようなカード。あのカードは偶数ウォーロックでしか使用されていなかったが、キューブウォーロックでは悪魔であることがデメリットになっていたからこそ使われていなかったことを考えるとこのカードは十分使われるか。

 

f:id:D_con:20210728160923p:plain

評価:3

とりあえず2ドローは確定。急襲ウォリアーのようなドローの弱いミッドレンジ系のデッキで採用されるか。

 

f:id:D_con:20210728160926p:plain

評価:4

コントロールプリーストのような低コストのミニオンが多めに入っているコントロールデッキであればかなり強力か。ミッドレンジタイプのデッキでも何かに依ったデッキコンセプトがなければおそらく適当に採用してよい。

 

f:id:D_con:20210728160930p:plain

評価:2

中立であることを考えると悪くはなさそうだが多分これより強いカードを各々のクラスは持っている気がする。

 

f:id:D_con:20210728160933p:plain

評価:2

これを活かそうとすると中立のカードをかなり多く採用する必要があり難しい。その上で8マナとしてはゲームを決めるほどの力はない。聖なる盾+挑発or急襲であれば十分なのでパラディンで採用される可能性はあるがティリオンが採用されていない現状を考えると難しいか。

 

f:id:D_con:20210728160937p:plain

評価:1

デッキ外から使うことがあるタイプのカード。

 

f:id:D_con:20210728160940p:plain

評価:2

ハンドロックで使うことを考えた場合、先攻だと4ターン目に使用することになり5/4急襲はあまりにも平凡。後攻だと3ターン目にコインを切らずに使用できるという点は優秀。

 

マスターズツアー ダララン

マスターズツアー ダラランで以下の構成を使用した。

 

f:id:D_con:20210620185846p:plain

 

結果としては

Day1 3-2

Day2 1-3

4-5

だった。

 

個々の戦績は

ンゾスプリースト:4勝2敗(5BAN)
OTKデーモンハンター:6勝4敗(0BAN)
急襲ウォリアー:6勝6敗(1BAN)
始原ドルイド:3勝9敗(3BAN)

だった。

 

構築の経緯

強いからという理由でプリースト、OTKデーモンハンター、急襲ウォリアーは採用したいというところからスタート。同様の構成は多く存在すると思い、デモハンウォリアーに行けるデッキをHSReplayの相性表を眺めて探していたところ始原ドルイドがそれに当てはまることが分かったのでラダー、フレンド戦で試してみることに。想像以上に強かったので採用した。最も一般的と思われるローグはグラマスですら他に比べると1枚落ちるデッキのように見え、難度もOTKデモハンより上と思っていたので採用しても足を引っ張るだけだと思った。ドルイドはそこまで練度がなくても勝てそうなのが大きい。

個別のカードについて。

プリーストの必死の祈りはシャーマンやメイジのような顔面を詰めてくるデッキに対して強く、コントロール相手は0マナで手札を捨てられるのでいずれにしても強力だと考え採用した。セセックの評価が低いというのもある。

デーモンハンターはウーズを採用しない形とした。シャーマンがどれだけいるか分からない、仮に採用されていたとしてもぶつかるか分からない、ぶつかったとしてもウーズなくても勝てるらしいということで不採用。

ウォリアーについてはナラレックスよりウォーモールの方が強くないかという話を聞いたのとデータ上でもわずかに強そうに見えたのでそちらに。ナラレックスがそんなにしっくり来ていなかったのもある。

ドルイドは妖獣の激昂を採用。不利になりがちなアグロデッキに対する装甲8が偉く、除去と違いボードを制圧した後の飛び道具や武器に対しても有効。最悪除去としても運用できる。月蝕は2マナ3点以上の仕事をすることが意外と少なく、かつキープもしにくいため不採用に。ムーンファングでなく先生のペットなのも含め、デモハンウォリアーにはどちらにせよ勝てると踏んで4デッキ目(もしくは大胆なアグロ構成)に寄せる形にした。

 

対戦レポート

Day1

 

ラウンド1

Arctic

ンゾス急襲ウォリアー、ミラクルローグ、断末魔デーモンハンター、ンゾスプリースト

 

プリーストBAN

ドルイドBANされる

 

ゲーム1

ウォリアー-デーモンハンター:勝ち

プリーストが2デッキに行けるのでそれ来る読みデモハン来る読みウォリアーで気分よく有利マッチスタート。後攻取るも5ターン目調整2枚乗客から一生ボードを取り続けて勝ち。サムローも温存できていたし最強の手札だった。

hsreplay.net

 

ゲーム2

デーモンハンター-デーモンハンター:負け

除去をしつつ凌ぐもコンボパーツが1枚足りず負け。序盤予習で引いておいたステリーナで髑髏(左キープカード)審問官ンゾスの3択(次相手7マナ目)で髑髏を返したが、審問官ンゾスの動きがきついことを考えると審問官という選択肢もあったか。もしくはフェル学魔眼光のどちらかをとってコンボパーツを増やすという択が正解だったかもしれない。

hsreplay.net

 

ゲーム3

プリースト-ウォリアー:負け

3戦連続で当てたい当て方ができてはいてそこはよかった。お互い序中盤はいい動きができているもののサムローザイレラ鏡のいずれも来ず一生スイングできず負け。とはいえ影の中にて栄えんで鏡が映っていたのに手相占いを優先して取ったのが間違いだったか。

hsreplay.net

 

ゲーム4

プリースト-ローグ:勝ち

サムロー神格化キープスタート。結果としてサムローは単で使うことになったがこちらのライフがほとんど削れないままボードを掌握し、終盤タコ発動にイルシアを合わせてアレク以外全部使って勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム5

デーモンハンター-ローグ:勝ち

初手二段ジャンプで髑髏を引き、4ターン目フェルスクリーマーといい出だし。イルギノスも髑髏の右に控えている状態。相手タコ発動後のコインジャンディス0マナ通路から影隠れ一点狙いも実らず、ボードのこまごまとしたミニオン含めて才ある火葬で一掃しつつフェル学で髑髏を端に。空の盤面で返す。現地連絡員ガーディアンと動かれガーディアン込みだと無視せざるを得ないこともあり髑髏でサルノスフェルスクリームブラストが下がる。24点以下まで削って8ターン目にモアーグ2サルノスで勝ち。

hsreplay.net

 

勝ち 1-0

 

ラウンド2

INER

トークドルイド、狂気スペルメイジ、クトゥーンンゾスプリースト、毒ローグ

 

プリーストBAN

ドルイドBANされる

 

ゲーム1

プリースト-ローグ:勝ち

体力を保ちつつボードを制圧。2枚目の影纏いの返しで体力を30に回復し、武器と打点を全て顔面で食らって勝ち。必死の祈りが活きるかと思いきや使わなかった。

hsreplay.net

 

ゲーム2

デーモンハンター-ローグ:負け

相手の武器が育つペースが早く一回モアーグ2魔眼光を挟んでもドローが回る前に詰め切られた。

hsreplay.net

 

ゲーム3

ウォリアー-ドルイド:負け

後攻4ターン目でコイングローフライ電光刹花2群れの怒りと決められ返せず負け。

hsreplay.net

 

ゲーム4

ウォリアー-メイジ:勝ち

相手7ターン目でようやく循環1枚目が入る。ライフは全然削れなかったもののハンドバフが順調ですごく大きくなったチームの司令塔、ETCらが立ちながら一気にライフを詰める。返しアイボリーから退化の矢が来るもののチームの司令塔がかわし勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム5

デーモンハンター-メイジ:勝ち

初手にイルギノスを引き、相手は循環、知性コイン循環とスタート。しかし4ターン目トップでフェルスクリーマーを引き、8ターン目にイルギノスモアーグ2イセリアルブラストの24点が手札に揃った状態になり勝利が近い。しかし武器を持っていたこともあり6ターン目に予習からガナーグのグレイヴ鍛冶を選んでしまう最悪のミス。使うとモアーグのコスト減が無くなってしまうため死に札に。復讐の霊でよかった(もう1枚は滑空)。結果として空の場でクトゥーンの仮面を貰い、次のターンにひたすらドローからピッタリリーサルを出されて負け。復讐の霊なら仮面で10点貰うこともなかったため勝てていた。プレイングミスで落とした最悪の負け。

hsreplay.net

 

負け 1-1

 

ラウンド3

mueseoyuchangjo

始原ドルイド、急襲ウォリアー、OTKデーモンハンター、巨人プリースト

 

プリーストBAN

プリーストBANされる

 

ゲーム1

ドルイド-ウォリアー:勝ち

電光刹花守護獣をキープし、繁茂、ランナーと入って綺麗に守護獣まで動く。適者生存の返しにミュターヌスで9/8のランナーを食われて怪しくなるも、怪力男トップで守護獣(スレッシャーのみ)怪力男ほうきで怪力男のみが残る形。相手は返す手がなかったようで不良学生に始原の守護者で勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム2

デーモンハンター-ドルイド:勝ち

1ターン目でイルギノスを引き窮屈になるも、相手先攻4ターン目に電光刹花錬気ポーチからセナリウスの結界でナタリーセリーンが出てかなり楽に。始原から10/10が出てくるも直前に(捨て気味に)置いておいたモアーグと才ある火葬+イセリアルで返し、守護獣にトップ髑髏からイセリアルとサルノスが0に。コイン込みで8ターン目に36点出して勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム3

ウォリアー-ドルイド:勝ち

序盤からボードを作れ、コインワットリーから調整で勝てそうな場面までいくもののランナーで直前に埋まった転生ジクソールを引かれ負け。

hsreplay.net

 

ゲーム4

ウォリアー-ウォリアー:勝ち

消耗戦になるものの何とか勝ち。途中で相手がサムローを素置きで捨ててしまったのに対しこちらはランサックのハンドバフ+パレードのリーダーで効果的に使えたのが差だったか。

hsreplay.net

 

勝ち 2-1

 

 

ラウンド4

posesi

ンゾスプリースト、急襲ウォリアー、OTKデーモンハンター、ミラクルローグ

 

プリーストBAN

プリーストBANされる

 

ゲーム1

ドルイド-ローグ:負け

ローグを当てられ後攻で嫌な予感が少しした。相手3ターン目で通路から新入会員。予習済みの過剰繁殖を打てなくなったもののトップ繁茂でつながる。現地連絡員ガーディアン影隠れ新入会員に過剰繁殖でどうにかついていった気分になっていたものの過剰繁殖とともにキープしていた守護獣がどんどん遅れていき聖なる盾コピーゴーレムをテンウーされてどうにもならなくなり負け。

 

hsreplay.net

 

ゲーム2

ドルイド-デーモンハンター:負け

こちらコイン過剰繁殖から電光刹花守護獣の動きができるものの、こちらに月蝕が入ってないのをいいことにフェル学からの3/5と4/6のモアーグでビートされ4/6が取り切れず。2枚のステリーナで始原の守護者、怪力男をデッキに戻されこちらの展開札がピエロのみに。出すも当然トレードされてチンタラしている間に18点バーストで負け。マナ加速さえできれば大体勝てるマッチと思っていたのでこんな負け方あるのかよ…となっていた。

hsreplay.net

 

ゲーム3

ウォリアー-ウォリアー:負け

こちら後攻でランサック元帥と調整をキープ。相手のガナーグバンパーカー予習ロカラの動きでたまらずコイン剣食いからロカラを取ったがコインを切ったことで手札がぐちゃぐちゃに。せっかくランサックワットリー調整とあったもののワットリーを出す隙が全くなく一生防戦のまま負け。ランサックをキープせず返した方がよかったのか?分からない。

hsreplay.net

 

負け 2-2

 

ラウンド5

ADU

OTKデーモンハンター、狂気スペルメイジ、急襲ウォリアー、ミュターヌスミラクルローグ

 

デーモンハンターBAN

プリーストBANされる

 

ゲーム1

ドルイド-ウォリアー:勝ち

電光刹花守護獣キープしてスタート。ガナーグ、パレードのリーダー、バンパーカーとテンポよく動かれるもこちらも繁茂ランナー電光刹花守護獣。ただ守護獣直前でガナーグをはさみつつ3/6になったサムローを置かれボードを取り切れずこちらペットから出たムクラのみに。妖獣の激昂でチームの司令塔を取る羽目になり月蝕の方がよかったかな…となる。ヒーローの体力が足りなくなりそうな展開で妖獣の激昂を探そうと予習から動くとセナリウスの結界を引きさらにイリダン党の審問官。始原から出ていたコイルファングの将軍の中身と合わせて鉄壁に。適者生存電光刹花ヒロパで12/12の審問官が2回殴って勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム2

デーモンハンター-メイジ:勝ち

左髑髏キープスタート。相手も4ターン目までに2回循環を使う中々のスタートだが予習で5ターン目髑髏。サルノスが0に。モアーグ才あるあたりは揃っているもののイルギノスが引けず軽業の追加効果を発動させ1枚焼く選択をすることに(1/10でイルギノス)。燃えたのはフェルスクリーマー。結果として端髑髏となりサルノスを捨てつつ2枚目の髑髏を打つとモアーグ才あるが0になり0才あるを回復に回す余裕ができる。次ターントップイルギノスでフェル学を打ち輪投げの秘策が呪文相殺でなくリーサル。

hsreplay.net

 

ゲーム3

ウォリアー-メイジ:負け

序盤はあまり強い動きがないものの4ターン目に剣食い、5ターン目に調整+コインクラスティノフでアイボリーをとりつつ一気に顔面を詰めに行ける耐性が整う。しかし7ターン目にランサックorサムロー、剣をどこに振るかで迷い(酷いことに予習で下がっているのにランサック+サムローができると最初の数十秒考えていた)結果的にサムロープレイでヒロパも押せず武器も振れず(ガナーグが次起きるので絶対的なミス)時間切れに。初日最悪のプレイ。そこから相手に形勢を握られ続けて負け。

hsreplay.net

 

ゲーム4

ウォリアー-ウォリアー:勝ち

後攻だがガナーグスタートでき相手はできない。さらに予習しておき3ターン目テントトラッシャーで相手の予習ロカラロカラをコインを使わず完全に返すことに成功。お互い5ターン目調整、相手は6ターン目にトップ調整で雲行きが怪しくなるもののETCを絡めてフェイスを詰めるプランに。カメの王クレッシュを出されてそれも怪しくなるものの装甲を稼がれながら処理しアレク込みでギリギリリーサル。5ターン目に調整と一緒に出して3/9で残ったウォーモールが3点を刻み続けてくれたのが大きい。直前でナラレックスから入れ替えたのが功を奏したか。

hsreplay.net

勝ち 3-2

 

Day2
ラウンド6

Moriarty

トークドルイド、毒ローグ、フェイスハンター、ブルカンアグロシャーマン

 

ドルイドBAN

ウォリアーBANされる

 

ゲーム1

ドルイド-シャーマン:負け

相手113、2ターン目にドゥームハンマーを装備する展開。こちらも繁茂過剰繁殖守護獣と動く。予習や重さ当てで妖獣の激昂を探すも見つからず、ピエロ怪力男に全てを託す。ワンド職人から引いていた転化、出てきた挑発に激流、ストームストライクで負け。

hsreplay.net

 

ゲーム2

プリースト-ローグ:勝ち

こちらサーカスの融合体やクリムゾンの竜学生を発見して光の雨のエレメンタルに繋げていく形。海の男飯を食らってエレメンタルが飯になったら少し危なかったがザイレラが飯に。死者蘇生で挑発を使いまわしンゾスで大量の挑発が出たところで相手降参。

hsreplay.net

 

ゲーム3

ドルイド-ハンター:負け

妖獣の激昂をキープしたがこれは出来れば展開の後に使いたいカードだったので失敗だったか。活かしたいという思いが悪いプレイを産んだ。相手の軽快な攻めにルーン彫刻で多少は対処するものの8マナのカードを使えないまま負け。これの勝ち筋はとにかく早く8マナのカードを使うことなのでマリガンに問題があった。

hsreplay.net

 

ゲーム4

ドルイド-ローグ:勝ち

相手ヒーローパワー段取りシルバーリーフの毒からスタート。猪牙の利器は振り切った後に装着。こちら妖獣の激昂から4ターン目にコイン錬気電光刹花守護獣怪力男と大きなムーブ。しかしワンド職人産頭を冷やせ、無理強い、麻痺毒つき武器でペットの中身のヤマアラシ以外処理される。オバロでヒマなターンに予習すると星界配列があったのでピック。錬気始原の守護者からデスウィングに相手影纏いで凌いできたのでデスウィングに挑発をつけながら星界配列。斧刀講無理強いでデスウィングが処理されるも電光刹花適者生存妖獣の激昂でリーサル。

hsreplay.net

 

ゲーム5

デーモンハンター-ローグ:勝ち

こちら予習で髑髏を引くスタート。4ターン目に左端のフェルスクリームブラストをモアーグに打って髑髏を寄せる。負けてたらこれが敗着かな~と思っていた。髑髏でフェルスクリーマー、アルドラキが下がるもののコンボパーツは下がらず。髑髏2枚目で3体のミニオンを処理できる火葬のオーラとモアーグ、アルドラキが下がる。アルドラキを握っていたのでヒロパを打ちたいが相手のワンド職人産カードが残っていたので男飯警戒でフェル学を優先。果たして男飯でイルギノスが飯になる。しかしこの時点で相手の山札4枚、こちら9枚なので受け切りを狙い、0モアーグを2体出してから髑髏で魔眼光を引き3体目のモアーグを出して一気に30に戻す。無理強いと邪道刺しで処理される。予習からヴァイルフィーンドの訓練士(454でトークン2体出すやつ)と飯のヌママムシを展開しビート。最後の相手の手札が邪道刺し、シルバーリーフの毒、自己研鑽の剣、影纏い。こちらが大回復のために才ある魔術師を出したところで相手降参。今思うとイルギノスが飯になってからの展開的に勝ち確だったのでモアーグが飯になってるパターンの方が危なかったかもしれない。そういう意味ではフェル学優先は0モアーグが0枚にならないため明らかに正解だった。

hsreplay.net

 

勝ち 4-2

 

ラウンド7

KrajdaCz

亀急襲ウォリアー、ミラクルローグ、ンゾスプリースト、トークドルイド

 

プリーストBAN

プリーストBANされる

 

ゲーム1

ドルイド-ドルイド:負け

相手のコイングローフライに対してこちら繁茂からのコイン電光刹花守護獣(スレッシャーペット)怪力男が間に合うものの相手電光刹花月日蝕草攻凶花で対処できず負け。

hsreplay.net

 

ゲーム2

ウォリアー-ローグ:勝ち

ガナーグスタートに相手コインヴァネッサでガナーグを奪う。2ターン目バンパーカー出せていたがどうせ斧で取るしと思いヒロパで済ませたが3ターン目にトップテントトラッシャーで己の浅さに気づく。練度が足りていなかった。しかし手札自体は強力で5ターン目にサムローを持っている状態で2調整からの5/5乗客。8ターン目に10/12となった不良学生。相手もフレイムストライクを2度使うなどでもつれるが相手の大きな展開をサムローで返しつつライフを詰めて勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム3

ドルイド-ローグ:負け

相手4ターン目に現地連絡員+ガーディアン。手札の妖獣の激昂が月蝕なら取れるが対処できない(そもそも月蝕が入っていたらこういう動きはされていないだろうが)。ヒロパで聖なる盾をはがすも展開ドローに新入会員が入り使いまわしでこちらの電光刹花からの8マナムーブができず。スレッシャーほうきで多少返すものの8マナを使う前にリーサル。

hsreplay.net

 

ゲーム4

ドルイド-ウォリアー:負け

こちら繁茂スタートに相手コインナラレックスからのチームの司令塔。ここで先生のペットか予習かの2択で、ペットならロカラでも止められるが夢の裏目があり、予習で除去を探すも見つからず手札の繁茂。ロカラが出てきて司令塔が6/5に。ただ相手が夢を持っていたのでどちらにせよという形ではあった。とはいえ欲しい除去は5/35種だったので38%で得られ、夢を持っていない確率は64%だったのでペットが正解だったように思う。苦し紛れに錬気から資源の守護者を出すもモードレッシュファイアーアイを夢で戻され、分裂したバンパーカーに悪夢で資源の守護者も処理され負け。

 

負け 4-3

 

ラウンド8

Player671

トークドルイド、フェイスハンター、ミラクルローグ、OTKデーモンハンター

 

ドルイドBAN

プリーストBANされる

 

ゲーム1

ドルイド-ハンター:負け

電光刹花過剰繁殖、繁茂、スレッシャーほうきで返すもライフを大幅に削られる。リンリングのライフルの凍結、凍結でスレッシャーと素置きランナーが返り資源の守護者+怪力男に託すも貫通弾で負け。

hsreplay.net

 

ゲーム2

ウォリアー-ローグ:勝ち

バンパーカーワットリー調整をオールキープ。パレードのリーダーが中々処理されず、相手が処理に回った直後の緩めのターンにワットリーを置ける。調整から好き放題やって勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム3

デーモンハンター-ローグ:負け

序盤は騙し屋ペテン、現地連絡員影隠れ騙し屋ペテンでドローを進めてくる。4ターン目通路からのタコ置きに対してこちらドローからコインを切ってモアーグイセリアルフェルスクリームブラストで処理。6ターン目ジャンディスが来るもトップ髑髏で髑髏が下がる。処理できなかったため新入会員幻影ポーションジャンディスでボードが一気に広がる。トップイセリアル捨てフェル学捨てから髑髏で火葬才あるモアーグが下がり、そのまま才ある火葬を使って全処理。8ターン目カートラスアルドラキヒロパで処理したがヴァネッサを考えるとアルドラキより後にカートラスをプレイするべきだった。9ターン目に隠れ身ドローゴーレムからタコガーディアンで下がり、こちらライフ16で7体ミニオンを置かれている状態。軽業から見て0モアーグをフェル学でコピーし1枚出して魔眼光2枚とグレイヴ投げで処理しながらライフを30にしたが、モアーグを切ると18点しか出なくなってしまったのでこれはミス(アルドラキ装備状態なので混沌一閃*2+18点で足りるのだがマナが足りない)。モアーグを使わなくともサルノス魔眼光*2で24まで回復し、ボードに7点なのでアレクテンウーアレクでも足りなく出来た。才あるがボトムだったので結果は変わらなかったが浅い部分が出てしまった。

hsreplay.net

 

ゲーム4

デーモンハンター-デーモンハンター:勝ち

フェルスクリーマーキープスタートでイルギノスがマリガン後に来る。ただ3ターン目の手札でイルギノス、フェルスクリーマー、モアーグ、イセリアル、アルドラキ、フェルスクリームブラストとコンボパーツがほぼそろい8マナ24点、武器を折られなければそれ以上の点が見込める状態。相手は予習から髑髏を打ちウーズで武器を折る。こちらはドローが進まないものの2枚目のモアーグが引けて24点が手札に揃う。相手6ターン目でフェル学モアーグモアーグ(1枚残っている)フェルスクリームブラストで、フェルスクリーマーに削られていた体力を30にしてくる。こちら7ターン目でイセリアルを引き36点が見える形に。二段ジャンプもフェル学。8ターン目で予習に軽業が映る。次ターンリーサルを食らってもおかしくないが乗り越えれば36点が確定しているので取らず霊視力。相手リーサルが出ず勝ち。

hsreplay.net


 

ゲーム5

ドルイド-デーモンハンター:負け

こちら繁茂からスレッシャーに対してモアーググレイヴ投げ武器スイングで取ってくる。電光刹花守護獣に対してコイン髑髏(4マナ)+火葬のオーラ。妖獣の激昂で装甲を積むとさらに髑髏。髑髏で下がった分だけ左手の指を立てているのだが指が足りなくなる。錬気ピエロ怪力男でボードを作る。0マナ才ある魔眼光で1体ピエロ処理しつつ髑髏。適者引けば勝ちだが引けず始原の守護者でコロッサスが出る。コインヒロパでこちら38。相手イルギノスモアーグモアーグイセリアル(フェルスクリーマー)サルノスでフェルスクリームブラストしつつサルノスを破壊36点。サルノスのドローで引いたアルドラキの2点でリーサル。6枚中3枚がリーサル札だったか。

hsreplay.net

 

負け 4-4

 

ラウンド9

DavidSWu

サイラスクトゥーンウォリアー、クトゥーンンゾスプリースト、コントロールウォーロック、狂気スペルメイジ

 

プリーストBAN

ドルイドBANされる

 

ゲーム1

デーモンハンター-メイジ:勝ち

一番プリで行けるのがいきなり来て落とせなくなる。相手コイン狂気、循環、知性と動いてくる。こちら4ターン目に髑髏を引く。左のカードはコンボパーツだらけだが全部切ってもギリギリ足りるので回復に使う方針で動くことに。相手6ターン目過剰繁殖+ナグランドスラムにモアーグ魔眼光才あるフェルスクリームブラストで処理しつつ回復して髑髏が端に。返しで呪術ヒロパでモアーグ処理しながら2枚目のナグランドスラム。髑髏でモアーグと混沌一閃が0に。フェル学で1枚0モアーグを使用し魔眼光、武器混沌一閃で才あるにぶつかったものを処理し2体に。相手輪投げ+燃焼。0マナの二段ジャンプで呪文相殺を踏み、予習を打ってポータルが発動しフェル学選択して0マナモアーグを2枚に。火葬のオーラ+2マナモアーグ+グレイヴ投げでボード処理。この時点で山札が3枚でうち2枚の才あるとフェルスクリームブラストを引くまでアルドラキと山のフェルスクリーマーで凌ぐ必要がある。厳しい状況だったが相手の攻め札が悪魔変身以外ほぼなくどうにか体力が6残って勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム2

プリースト-ウォーロック:負け

ドラゴン学の予習、南海の悪党、死者蘇生をキープ。予習でブライトウィング。2ターン目にプレイしようかと思ったが2枚目の悪党を引いたので出さず、3ターン目コイン悪党。ジャラクサスをコピーしやれる感じに。この後死者蘇生を使用して魂剪断、アレク、テイランをコピー。捩じれし冥界が2回映ったがチケッタス変妖カードは与えない方がいいと思い取らなかったが、魂剪断やテイランよりは欲しいカードだったので取るべきだったか。マリシアでのフルトークンにやむを得ず鏡、変妖チケッタスを出される。チケッタスをアレクで処理してお互いジャラクサスに。なんやかんやあって最終的に下の画像のデスウィングで勝ったと思ったが鎧売りの装甲で負けてた。ただ捩じれし冥界を打ってても負けなので詰んでいたらしい。

f:id:D_con:20210620164052p:plain

hsreplay.net

 

ゲーム3

プリースト-ウォリアー:勝ち

こちら序盤で南海の悪党が引けないものの、3ターン目スコーピッドから最速で影なる姿を打つことができ勝ち筋が見えてくる。予習からでたランサックを心霊分裂で奪いながら処理すると、アッシュタンサイラスでランサックを奪ってくる。こちらのヒロパの影響でOTKパーツが1つ消える。なんやかんやあって23ターン目相手残り5枚の山札で手札が8枚、クトゥーンパーツが2枚使われてない状態でイルシアを考えると山にあるのが濃厚。南海の悪党を2枚使ってパーツ以外を2枚引きパーツが燃える。最終的にこちらの攻め札が悪党サーカスの融合体疫病始祖ドレイクイセラ+神格化という状態で、相手の残り手札が鎧売り2乱闘2遺恨先導者の斧。まず悪党で攻め、1回殴った後に神格化で再度殴る。これは相手鎧売り乱闘しかないのでサーカスの融合体を出して乱闘の勝率を上げるべきだった。相手鎧売り乱闘で鎧売りが勝つ。疫病始祖ドレイクを出し、生き残れば次ターンイセラ悪夢で丁度リーサルの状態で相手武器を持ち変えつつ乱闘で再度鎧売りが勝つも、出てきたのがバロンゲドン。イセラ悪夢で勝ち。

hsreplay.net

 

ゲーム4

ウォリアー-メイジ:負け

相手循環、力の源フェニックス、狂気と動く。こちらバンパーカーコインテントトラッシャー剣食いと動くもののフェニックスが起きてルーンオーブ燃焼で処理される。こちらダイブ調整で武器でフェニックスを倒しヒロパ。相手の展開に合わせ急襲ミニオンらで処理するも希望の聖典発芽、混沌爆発希望の聖典と動かれ負け。

hsreplay.net

 

ゲーム5

ウォリアー-ウォリアー:負け

こちら234ヒロパと予習で5ターン目に調整しようかと思ったが剣食い男を一旦おいて次ターン調整ランサックガナーグでシールドメイデンを処理しながら攻め始める。10ターン目でワットリーを引きワットリーランサック。最小限の展開でじっくり攻めるも手札9枚の状態でターンを返し夢でサムローを返され10枚に。ETCが焼ける。最悪のミス。夢の存在を完全に忘れてたし、そうでなくともこの相手には南海の悪党がある。ミュターヌスや不良学生といった単体で置ける強力なミニオンを中々引けず受け切られて負け。

hsreplay.net

 

良い点

・プリーストのセセック→必死の祈りは想定通りの強さではあった。

・デーモンハンターにウーズを入れない点についてはイセリアルが欲しい場面の方が多かったはず。ウーズなら勝ててたゲームは対毒ローグで一つあったと思うが、そのラウンドはデモハンでミスをしなければ最終的には勝ってたはずなので構築的にはよかったはず。

 

反省点

・デーモンハンターでモアーグをフェルスクリーマーのコスト減前提のリーサルを見据えてるのに予習でガナーグのグレイヴ鍛冶を取ってラウンドの勝ちを負けにした。このミスは何度かやってるのになおもやってしまった。

・対コントロールウォリアーで手札を9枚にしてETCを焼かれるミス。対コントロールで重要な部分が頭から抜けてしまっていた。チームの司令塔+バンパーカーを使用したターンで手札9枚なのはともかく、そこから複数ターン連続で9枚のままターンを終えていた。これについてもラウンドの勝ちを負けにしてしまった。

・そこまで複雑じゃない状態で時間切れを発生させてしまった。とにかく時間内に終わらせることを何より優先すべきだと思っているのに。

ドルイドの妖獣の激昂は対シャーマンやOTKデモハンなどに有効ではあるものの、月蝕が入ってないことがバレてるというのが厳しいという認識が甘かった。

f:id:D_con:20210620171254p:plain

・始原ドルイドは3BAN吸ったものの3-9となり足を引っ張ってしまった。1ゲーム目に出したら一番当たりたくないトークンドルやハンターと当たるということが多かったのでこの辺の出し順が噛み合えばもうちょい勝てたかもしれない。また、ローグは無理にしてもトークドルイドはそれなりに使える(OTKデモハンに勝負できる自信がある程度)と思っていたのでそっちが正解だったかもしれない。ただ一般的な4デッキに対しては始原ドルの方が圧倒的にいいと思っていたのでその選択はできなかった。

(追記)

2日目のデータが含まれているか分からないが少なくとも初日時点では始原ドルイドトークドルイドより全体勝率が高く勝率50%も超えているらしい。

(6月21日追記)

2日目を含んでも始原ドルイドトークドルイドよりもわずかに優秀な数値を示した。ただ、採用カードについてはセナリウスの結界、月蝕、先生のペットが優秀な数値を示していた。どこからともなくあらわれpony dojoで回されていたリストが正解だったらしい(あるいは彼らが平均より強かっただけという可能性もあるが)。対アグロ系に寄せるという考えは間違ってなかったが、月蝕はともかくセナリウスの結界を試そうともしなかったのは完全な失敗だった。このカードはHSReplayでも高い数値を出していることは知っていたのに採用率が低い外れ値だと決めつけてしまっていた。

アイアンフォージ予選1週目

アイアンフォージ予選1週目で以下の構成を使用した。

(いくつかあったが画像は最後のもの)

 

f:id:D_con:20210203225848p:plain

 

結果としては、

・2回戦負け 1-1

・1回戦負け 0-1

・3回戦負け 2-1

(ここから画像のリストに変更)

・5回戦負け 3-1 

・3回戦負け 2-1

だった。

 

今週:8勝5敗(62%)

累計:8勝5敗(62%) 

 

個々の戦績は

サイラスコントロールウォリアー:3勝0敗(7BAN)

聖典パラディン:3勝3敗(2BAN)

コントロールプリースト:5勝4敗(1BAN)

 

(OTKデーモンハンター:1勝3敗(0BAN))

(フェルデーモンハンター:2勝0敗(1BAN))

(zooウォーロック:1勝2敗(1BAN))

(テンポウォリアー:1勝0敗(1BAN))

だった。

 

今週:16勝12敗(57%)

累計:16勝12敗(57%)

 

構築の経緯

使用率が高いデッキを武器orアグロローグ、激怒ウォリアーと予想し、それらに対して強めな構成を目指した。

コンセプトからコントロールウォリアーは確定。サイラスはコントロールウォリアーやほうきパラディンに単体で強力なカードとなるためサイラス型に。最もアグロに対して強力なデッキとなるためBANされることを見越し、地雷原などの対アグロカードは削り、BANされないパターンで強力となるゼフリスなどを採用。

次いでウーズを積んだOTKデーモンハンターがターゲットに対して有効なので採用。

最後にウォリアーに対して強く、ウーズを積むことでローグにも対抗できるプリーストを採用。プリーストをBANしたいのでミラーを考える必要がないためハイランダーでなくコントロールプリーストに。

当初のリストはプリーストが無気力の波がないのに侍祭を2枚採用していたりと、もとのNAGONさんのリストをロクに理解していない状態で改悪しているなど酷かった。

OTKデーモンハンターのプレイが酷すぎたため一旦諦めてアグロを使用するなどもしたが、聖典パラディンがウォリアーに強く空襲を採用することで武器orアグロローグに対しても対抗できるということでOTKデーモンハンターの代わりに採用することにした。

 

反省点

・この場面で智慧聖典を体力1の挑発新兵にそれぞれつけることで内なる怒りで破壊されないようにできた。それを怠ったために抜かれてリーサルを取られてしまった。

この時点で相手は船頭がないため抜かれるパターンはほぼ限られていただけにそれに頭が回らなかったのは痛い。

f:id:D_con:20210203232431p:plain

・OTKデモハンはウーズ2積みでもこの時点でラダー、アレク杯含め一度も武器ローグ、アグロローグに勝ててないのにカタログスペックだけで持って行ったのは失敗だった。